《風俗ガイド》これはたまらん!最高級の快感

"「風俗」の中でも現在最も注目をされているのがデリヘルであり、徐々に店舗型から派遣型へと営業形態を変えてきています。
店舗型にしろ派遣型にしろ、「風俗」営業許可を取得している業者を必ず選ぶようにしてください。
ファッションヘルスやデリヘルなどは女の子と男性がお互いを攻めたり攻められたりしてプレイを楽しみます。
性感ヘルスの場合には、一般的には女の子が男性にとことん攻めていくこととなります。

 

性感ヘルスはちょっと前までは非常に人気の風俗でしたが、店舗型のお店は法律の関係上、最近では少なくなっています。
最近では派遣型としてデリヘルのような営業形態をとって性感ヘルスを営業しています。性感ヘルスでのサービス内容というのは基本的によくあるファッションヘルスとほぼ同じ内容となっています。
ただし性感ヘルスでは、プレイが濃厚で舌を使用してねっとりとしたプレイを楽しむことが出来るのが魅力です。"



《風俗ガイド》これはたまらん!最高級の快感ブログ:02月17日

減量で失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「減量中は連日体操する」とか
「減量している間はスナック菓子を食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めた減量のルールを破ってしまうと
「もうぼくはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきた減量も、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

連日、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
一日とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、減量のやり方について、
一週間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

一週間ぐらいで減量の反省をすれば、
減量の成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

一日単位でみると、
夕方食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
一日ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中で減量にとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
減量は前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、減量中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これが減量の基本だと、ぼくは思います。