《風俗ガイド》優しく接してあげれば次回はワンラク上のサービス

《風俗ガイド》優しく接してあげれば次回はワンラク上のサービス


《風俗ガイド》優しく接してあげれば次回はワンラク上のサービス
"あなたにとって最高の快楽というのはどのようなプレイなのでしょうか?
それは人それぞれあるかと思いますが、それを完全に求めることが出来るのが最近の「風俗」なのです。
プレイ後に貴方が「またお願いしたいな」と伝えることで、きっと女の子も喜んでくれることでしょう。
なので最後はお互い気持ちよく別れるように貴方がリードしてあげることが大切なのです。

デリヘル嬢の中には仕事に集中し過ぎてしまい、ついつい忘れ物をしてしまうことがあります。
女の子が退室をする時には「何も忘れ物無い?」などと一言声をかけてあげるようにしましょう。デリヘルでのプレイが終了したら、いつまでもウダウダしていてはいけません。
プレイ後は女の子とのプレイの余韻をとにかく楽しみ、軽くイチャイチャしながら最後の別れを迎えるようにしましょう。"



《風俗ガイド》優しく接してあげれば次回はワンラク上のサービスブログ:07月12日

文化鍋でライスを炊くと…
コトコトと鍋の音がしてきて、
なんともいえないいい匂いが立ち込める…

あたくしはこれがたまらなく好きです。

よくいろいろな人が出入りする家庭で、
あたくしは育ちました。

ときどき自宅の庭で薪を使って
1升くらいのライスを炊くことがあったのですが、
そういう時は決まって近所の人たちにおすそ分け。

ママは五目ずしやお赤飯など
大きな飯台に大量に作ってもみんなに配ってしまって、
あたくしたちがいざ食べようとすると
「あれ、これしかない」などということが多々ありました。

お正月には我が家で餅つき。
餅をつくのは親父、合いの手はママ。
もち米を白蒸しにした出来立てを塩むすびにしてもらいました。

他にも餡ころ餅や、節分には青ノリを入れてついたなまこ餅、
ひな祭りの菱餅づくりなど…
1年で3~4回のお餅つきは恒例行事。

なので
我が家のライスというと…
薪で炊くライスの匂いや、
白蒸しにした餅のイメージが鮮明に思い浮かぶんです。

「おはぎとけんちん汁」
これがママの定番メニューでした。

おはぎを大量に作り、
あとは鍋いっぱいにけんちん汁が作ってありました。

幼い頃ドロンコ遊びの気分で、
おはぎ作りを手伝っていたあたくしですが、
実は、この組み合わせが嫌いだったんですよね。

でもなぜか、ママの味といって思い出すのは
やっぱり「おはぎとけんちん汁」。

不思議なものですねぇ~
他にも作ってもらった物はたくさんあるはずなのに…
おはぎとけんちん汁ばかり覚えているのです。

味がどうのこうのというより、
それを食べるとママを思い出す、
それがおふくろの味なのでしょうね!
《風俗ガイド》優しく接してあげれば次回はワンラク上のサービス

《風俗ガイド》優しく接してあげれば次回はワンラク上のサービス

★メニュー

《風俗ガイド》アナル攻めをされたことが無いなら
《風俗ガイド》風俗が初めての男性にオススメ
《風俗ガイド》次第にエロモードに移行していく気持ちよさ
《風俗ガイド》優しく接してあげれば次回はワンラク上のサービス
《風俗ガイド》真面目で信頼出来る風俗業者を選ぼう
《風俗ガイド》これはたまらん!最高級の快感
《風俗ガイド》風俗の女の子を恋人だと思っちゃおう
《風俗ガイド》もし予約をしていたら確認を怠らないで
《風俗ガイド》様々な性癖を解消してくれる人気の風俗
《風俗ガイド》結構参考になるのが風俗のサイト


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)凄いテクニックを持った風俗情報