《風俗ガイド》真面目で信頼出来る風俗業者を選ぼう

"ただ単に「風俗」と言いましても、その種類は非常に多くあり、様々な性癖を解消してくれます。
もちろん多くの「風俗」では営業許可を取得しているので決して違法行為ではありません。
デリヘル業者選びは親切丁寧に問い合わせに対応をしてくれるお店を選ぶことが大切なこととなります。
またデリヘルというのは基本的に車で送り迎えをしているので、交通渋滞などで予定時間より遅れてしまう場合に遅延の報告をしてくれる業者がベストです。

 

デリヘルの到達時間が遅れそうな時に、連絡をよこさない業者は避けた方が無難かもしれません。
どんなビジネスでもお客様を第一に考えることが大切なのです。デリヘルの受付をする時には多くは電話となっているので、電話対応でお店の良し悪しを判断しましょう。
全くやる気のない喋り方や、上から目線の業者の利用をするのは止めましょう。"



《風俗ガイド》真面目で信頼出来る風俗業者を選ぼうブログ:09月16日

オレは十年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
オレにとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「親父を感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

親父はヘビースモーカーです。
幼少の頃、親父の枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

オレの中でそれが「大好きな親父」だと
認識していることに気がついてからでした。

オレが本当に好きだったのは、
この親父の匂いではなくて、
親父の屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
親父なんか必要ないと、親父から心理的に距離をとり、
親父の中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうの親父」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃は親父が大好きで
親父の膝の上やうでの中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
オレの古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
オレにとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、親父のことを理解し許し始め、
親父に対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
親父を大好きで信頼できるという気持ちだったのです。